読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この日々に題を飾るならば

 

何がゴールデンウィークだ、自意識と向き合わないといけない時間が増えただけじゃねえか……

とりあえず記憶が薄れる前に、最近の思考経路を記録に残させていただきます。

 

 

連休が始まる前から既にクソデカ自意識とのバトル発生の予兆があったため、かしこいかしこい僕は”ギャンブル”という手段でこの自意識バトルと決着をつけようと試みた。

結果は半分くらいは成功で、半分は失敗だった。

成功した部分は、ギャンブルをやっているときは何も考えずに淡々と手を動かしていられる上に、当たり外れで勝手に気持ちよくなったり絶望したりと感情を得られるということだ。

絶望という感情でも、その後に失ったものを取り返そうと躍起になれるため、虚無ってヘラってじゃんけんぽんしてるよりは100倍マシだった。

失敗した部分は、改めて”金”の価値を再評価しなくてはならなくなった点です。

金を使えば受動的に楽しまされる事はできるが、能動的に楽しむことは難しい。

この”楽しまされてる”って感覚が人に伝わるかは微妙だが、俺が小金で築いたしょーもない玉座の上で楽しまされている間に、楽しませる側の人間は色々と試行錯誤や努力を重ねているのだろうなと思うと、何者になれない自分だけが置いてかれていくような気がしてちょっとだけ黒い感情が表に出てしまう。

 

そんなワケで、”楽しめるように”能動的に金を使う方法を考えようということで各種投資や事業プランを立案していた。

かつては「意識高いw」なんて馬鹿にしてた人間どもを馬鹿にできなくなってきた、そのプロダクトは稚拙極まりないものであっても彼らは彼らなりに能動的に生を謳歌しようとしていたのだと思う。

 

以下、最近考えてたスッカスカだが一生懸命考えた能動的に金を使うためのプランたちです

・副業スロカス

 台データをネットで公開してるパチ屋が近所に数店舗あるため、適当にスクレイピングをして天井かゾーンを拾えそうなら、通知をする的なシステムを自分用に組んで小金稼ぎをしたいと考えてる。

 スクレイピング技術を学びたいが、Python辺りを勉強すればいいんだろうか…。ちょっと大変そうだ。

・仮想通貨取引

 4月頃からちょこちょこ動かしていたが、どうしても”ブロックチェーン”という技術者達の共同幻想だけで成り立ってるようにしか思えず(もちろん革新的な技術であることは否定しない)、このままだと技術者コミュニティー内でだけ通用する通貨程度の価値しかなさないのではという気がしている。

 今後、より強大なバックボーンが得られ、金以外のモノにも還元できるようになっていけば大衆も仮想通貨を受け入れられるのかもしれないが、知識不足で未来像が全く見えずイマイチ思い切った投資が出来なかった。

 本気でやるなら、法律と経済の勉強が必要な気がする。ちょっと大変なので今は棄却したい

・衛兵雇って同人活動

 DMM同人のシステムを見て驚いたのだが、作品を公開するのは無料で、売れたときだけ手数料を取られるシステムになっているらしい、最悪売れなくても損はしない。

しかも公開は半永久だ。つまり、公開まで漕ぎ着ければ半永久的に資金源とすることが出来るため、下手な鉄砲も数撃ちゃどっかは当たってくれるかもしれない。

 しかし、問題になるのが作品をどうやって作るのかという話になるが、これは適当に技術を持っているが金のない学生あたりを札束ビンタして働かせるのが正解だと感じている。グラブルで90000円天井ご理解してる暇あったら人間を雇って時給1200円で10日間働かせろ。

 

プランを建てたら後は踏み出す気があるかどうかだが、残念ながら踏み出すことは無いのだろうなという気がする。

何故ならば、特に難しいことを考えず今の労働生活を維持していけば、人並みの生活が得られてしまうからだ。

安定は、停滞を産む。思考が保守的な方向に錆びつく前に行動を起こすべきなのは重々承知だが、論理的正しさを盾に動こうとしない体に動いてもらう方法がわからない。助けてくれ。

まあ…でも……

無理に何者かになろうと躍起になるよりは、美味しいご飯を食べて、ふかふかのベッドで寝て、たまに友達と遊ぶくらいのごく普通で根源的な幸せに縋って生きるのが正解だという気持ちもある。それに満足できるかどうかは別の話だが……。

 

ここまで全然タイトル回収してないし、主張が滅裂だし、タイトル回収したら今回の記事は閉じようか……。

この記事をここまで読んでいただいた各位は「自分の日常に題名を付けるなら?」という質問の回答をちょっとだけ考えて欲しい、題名ってほど大層なものでなくてもタグ付け程度でも良い。

人から聞いた手段だが、こじらせた自意識を分類し、分析するにはこれほど良い手段もないと思う。

そこで出てきた答えはきっと、自分を象徴するキーワードで、今後大切にしなければならないこと、あるいは改善しなくてはいけないことだと思う。

 

 

 

ちなみに僕は特に出てこなかったので、大切なことも捨て去りたいこともない無一物虚無太郎なので完璧です。

現れるはずもない機械仕掛けの神を待ちながら、繰り返し繰り返し題のない劇を続けるんすよ。

 

うーん…オチが思いつかないしもうやめていいすかね……。

まあ日記だしこの程度の適当さでいいよね。