ダークグノーシス~神々の黄昏~

僕が死んだときに遺書の代わりになります

ホップ・ステップ・ドロップ

FXで貯金が全部なくなりました。

来月までお金を貸してくれる人を探しています。

 

以下、2018/02/12 1:45 に行われたお気持ち表明キャスの書き起こし(一部削除・改変あり)

今日のお気持ち2018/02/12 - TwitCasting

 

第一部~お気持ち表明~

今日ばかりは上手に言葉を紡げるか全くわからない……

どうやってまとめよう、どうやってはじめよう……

今日のお気持ち…? お気持ち…!?

どうしようか、とりあえず事実から淡々と述べていきましょう……

 

ーーー貯金がなくなりました。

  

想定以上にダメージは受けてないんですけど、自分の身に起きたことと正しく認識できていないのか、それとも本当に金ってものに執着がなかったのか。

まあ、金に執着がなかったらFXなんかやらないんスけどね……

でもこれは、破滅願望の実現、精神的自傷行為の一種だったのかもしれない。

 

貯金がなくなって完全に資本主義に対する叛逆モード入りました、絶対に資本主義を殺してやるという気持ちがより強まっていますね。

これは決して不当に貯金が失われた哀しみからではなく、金を使わずとも人生って奴にに打ち勝てるんだと、むしろ金なんかで勝ち取る人生は間違っている、FAKEなんだと。

それを証明するための"戦争"ですよ。

 

今までの俺の生活は間違っていた。

それは例えば、学生という身分であったり、最悪職を失っても貯金で1年程度暮らせるといったセーフティラインがあったからこそ、まだ自分は何者かに成りたいという根源欲求を抑えつけられていたのかもしれない。

こうやって貯金を失ったことで、セーフティラインは失われ、根源欲求が再び俺を苛み始めた、こっちの方が精神的にキツイっすね。

 

俺の人生は金銭以外で評価/肯定されていなかった、金銭以外で肯定されたかったら何をすべきか……

いや、マジで結論ありきというかいつも通りの話で申し訳ないんですけど「表現するしかない」んですよね……

 

以前ブログで、金銭の価値の再評価をしたんすよ。

確か、労働していればある程度の地位と金銭を与えられてしまうので、それに存在を委ねてしまいがちだが、本当にそれは良くないといったことを書いた気がする。*1

ようやく、その否定を実践に移す時がやってきてしまいました。

まさかこんな形で実現するとは思っていませんでしたが。

 

しかし、失った金で買えたものは沢山ある*2でしょうが、ここまで自分に衝撃を与えられる80万円の使い方があったのかって話ですよ。ここまで大きな動機づけを与えられるか? という話になると俺は間違ってなかったと思ってますよ、認知バイアスかもしれないけど。

やっぱり、これくらい刺激がないと俺はダメでしたね、すっかり錆びついていた、安定した日々に甘えていた。

停滞し続けることは永遠ではない、存在を永遠たらしめる闘争こそ俺の求めていたものであって、穏やかなる安寧の日々ではない。

 

やっぱりギャンブルは楽しいですよ……

焦燥/怒り/悲しみ/喜び、そんなような感情をハチャメチャにミックスしたような物体が背筋を伝っていくあの感覚が忘れられなくて今回もこのザマなんすよね。

 

第二部~叛逆の詩~

まあ、金の話はどうでもいい。次のステップ、革命を考えなければいけない。

この選択肢には自殺すら含まれている、だから何をすべきか、何に成りたいのか正しく選択しなければならない。

まあ、夏コミ申し込んどいて良かったですね。

ここが俺の存在を証明するマイルストーン、かつターニングポイントになるのかもしれない。

金も無いことだし創作に勤しめる状況でありがたいっすね……

成すべきことを成した時に、もう一度俺は叫びたいすね「オタクども!革命すっぞ!!」って。

全部ここからなんですよ、ここから……。

コミケ出て思ったより手にしっくりこなかったら俺、冗談じゃなくラッパーになるんで、各位お願いします。

今回の失った痛みすら、表現の糧にしていきたい。

 

第三部~創作パラノイア

やっぱ、俺は高坂穂乃果が好きですね。

今まで色々なキャラにガチ恋してきましたが、明確に現実を捨ててまで愛したいと思ったキャラが高坂穂乃果なんですよ。

アニメキャラにガチ恋した俺達が、アニメキャラをアニメキャラのままに愛するためにはどうしたらいいか。

それを考えた先にはやっぱり創作しかなくて、創作でしか、表現でしか俺達の愛は肯定されないんだと。

生殖を諦めたが故に、創作でしか報われなくてしまった神様からの罰かもしれない。

 

こんなことばかり言ってて、いい加減くどいかもしれないけど、これを失ったら俺はきっと生きていけなくなる。

多くの人間は、"誰か"のために生きている。

そしてその誰かには、愛する異性、同性かもしれないが、まあそういったものが該当するだろう。

この世の中で手っ取り早く承認されたかったら、一番効率の良い方法はそうやって二人人間を用意して互いに承認し合って、"結婚"という形を与えて終わり。簡単すぎるんだよ、あいつらは。

一人で生きる覚悟を決めた俺は誰が承認する? 誰が形を与える?

まあ、そういうことですよ。

 

じゃあ、今回のキャスはここまでということで。

お疲れ様でした。

さようなら。

 

*1:※たぶんこの記事のこの発言 ルミネーション - ダークグノーシス~神々の黄昏~ "政治的な発言をする気はないが、間違いなく労働は人間を殺す。労働は居場所も、役割も、報酬も全て与えてくれる。しかもそれに努力は必要ない。"

*2:放送中ではaibo, vive pro, 引っ越し, 旅行などが挙がった