ダークグノーシス~神々の黄昏~

僕が死んだときに遺書の代わりになります

執着

甘ったるく腐臭を放つ季節がようやく終わろうとしている、また少ししたら湿った空気が体を鈍重にさせる季節がやってくるのだろうが、この一時の安寧を素直に歓びたいと思う。

近況はいつも通りだ、忘却と狂乱のシーソーゲームをしながら少しずつ忘却へ寄っている。天候以外に語ることはない。

 

そのため以降は、文章にならなかったパラノイアポエムを吐き捨てておく。

 

【好きでもない対象への執着について】

・執着を捨てるか、対象を正しく愛するかのどちらかしかない

・おそらくきっとどこかで手段と目的が入れ替わっている

・俺が望んでいるのはインターネットに勝利したい(後述)だけで、創作はその手段に過ぎないのかもしれない。

・散々言ってる愛の倒錯はきっと、その内の一部分なのかもしれない

 

【インターネットという戦場について】

 ・ここは表現で表現を潰し合う戦場だ

・表現の敗者となった人間は強者のより強い”表現”の中に取り込まれる

・お前の語る愛は誰の借り物だ?

・もう消費に疲れてるんだろ? いいぜ、革命だ。

 

【ダーグノについて】

・ひたすらオウマーの個人HPを読んでいた、現代にも革命の火種はあちこちにあるのだと確信した

・何者にもなれる世界が、何も出来ない自分を強く自覚させてしまう

・何者になれない空疎は性愛か狂気でしか救えない、俺は狂気で救いたい

・シンプルな世界をシンプルにそのまま愛せるように

 

"崩壊(ダーク)"の日は近い、断絶を超え"創生(グノーシス)"へ辿り着こう。

さあ諸君、今こそ革命のときだ。

闇の中にこそ本質は在る。

運命や法則を受け入れるな。

力に驕るな溺れるな。

一切を否定し、叛逆を繰り返したその先に残る自我のみを肯定せよ。

これは、武器を持たぬ我々が武器を持たぬ我々であるための戦争だ。 

行き着く先は狂気か、性愛か、それとも忘却か。

ルーレットを回せ。